河内のおじさんブログ

還暦オーバーでも好きな時に好きな事して自由気ままなライフスタイル実践中!

古着の処分は買取ショップを利用するとお得で便利

5月に入って冬物をしまおうと思ってタンスやクローゼットを見てみるとなんか見たことのない服がイッパイ! まぁ自分が買った服なんですが着ないまましまい込んだままなんです。そこでどうせなら着ない服は全部処分してしまえと思い、古着の買取ショップへ持っていきました。

古着買取

コート、ジャケット、セーター、パンツ、シャツなど、全部で50点ほどを近所の買取専門店のセカンドストリートに持っていって買い取ってもらいました。買取価格は約50点で1万円ほどでした。

まぁ、ブランド品があまり無かったので高価買取にはなりませんでしたが、それよりも不用品が片付いたことでいいことだらけです。

全部捨てるくらいの勢いで古着を処分

着ないまま置いてる服というのは、「新しいのでまだ着れる」、「着るかどうか分からないけど、捨てるのはもったいない」、「いつか着るかもしれない」、などの理由を付けてしまってるんですね。

そこでまず、ホントに要るものかどうかを判断するために、1着すつ「着る」、「着ない」、「どちらか分からない」の3通りに分けて、「着る」は残しておいて、「着ない」は処分します。この時点で半分くらいになります。

この「どちらか分からない」が問題なんです。残しておく理由を付けるとまた同じ状態になってしまいます。そこで1日~2日程度おいておいて、今度は「絶対着る」服だけを残します。

そうするとほとんど「着ない」服になりました。

まぁ全部捨てるくらいの勢いで判断しましたね。これら着ない服を全部買い取ってもらいました。

今まで不要な服があった時は、大型ゴミの日に出していたのですが、古着買取に出せばいつでも買い取ってもらえます。ゴミの日まで待つ必要もないし、小額ですがお金にもなりますよ。

古着買取

ゴールデンウイーク中だったのか、買い取ってもらいに来ている人が多かったですね。紙袋に数着ほどの古着を持ってきて、気軽に買い取ってもらっていました。

服を処分するといいこと3つ

1.タンス、クローゼットがスッキリ

着もしない服がタンスやクローゼットを占領していたのが無くなって、スッキリして、空間に余裕ができたので、必要なものを整理できるようになりました。

2.古着の買取でお小遣いに

高級ブランドの服ならもっと高価に買い取ってもらえたのでしょうけど、大型ゴミとして出せば1円にもならなかったものが、1万円ほどになったのですから、いいお小遣いになりました。

3.着る服を悩む時間が減る

もともとあまり着る服に悩んでいないというか、服がたくさんあっても、いつも着る服は同じでお気に入りの服をいつも着まわして状態でした。

これからは、毎日仕事に行くときに何を着て行こうかと迷う時間が勿体ないので、アップルのスティーブジョブスやフエイスブックのマークザッカーバーグのように毎日同じスタイルで行こうと思っています。

サラリーマンならスーツ、大工さんなら作業着と決まっているほうが毎朝悩まなくていいし、選択肢が多いとなかなか決められんので、極力選択肢を少なくして、いらん頭を使う必要のないようにするつもりです。

もっと違うところ、生産性のあることに頭を使うようにするために、これからもどんどん不要なものは捨てるようにしようと思ってます。

思い切って捨てても、なんにも困らないことが分かって良かったです。