河内のおじさんブログ

還暦オーバーでも好きな時に好きな事して自由気ままなライフスタイル実践中!

GoPro HERO7 Blackの使い方 - タイムワープビデオ

GoPro HERO7 Blackを買いました。今までアクションカメラにあまり興味が無かったのですが、ブレ補正のHyperSmoothに惹かれて衝動買い。

Gopro Hiro7

GoProもHERO7になってHyperSmoothだけでなく、タイムワープビデオや音声コントロールやライブ ストリーミング機能などの魅力的な機能が満載です。

少しづつ使い方を覚えるためにGoProの機能を試してみたいと思います。

タイムラプスには、TimeWarp (タイムワープ) ビデオタイムラプスビデオタイムラプスフォトナイトラプスフォトの4種類の撮影方法があります。 タイムラプスビデオは以前からあった機能ですが、GoPro HERO7 Blackを持って動きながらタイムラプスのような動画が撮影できるのが、このタイムワープビデオです。 タイムワープビデオの速度は、2倍速、5倍速、10倍速、15倍速、30倍速から選択できます。 再生された動画は早送りしたみたいに再生されます。上記のサンプルは30倍速です。 このタイムワープ動画サンプルは車のダッシュボードの上にGoPro HERO7 Blackを固定しておいて、ドライブの状況を撮影したものです。 特に撮影するにあたって専用のアクセサリーも不要で、最初に同梱されていたパーツのみで撮影できます。

ビデオの解像度 (TIMEWARP + タイムラプスビデオ)

HERO7 Blackは、TimeWarpとタイムラプスビデオを以下の4種類の解像度で撮影できます。

解像度 アスペクト比
4K 16:9
2.7K 4:3
1440p 4:3
1080p 16:9

タイムラプスの間隔

タイムラプスビデオやタイムラプスフォトモードの場合、以下の間隔の設定ができます。

間隔 例(参考)
0.5秒~ 2秒 サーフィン、自転車、他のスポーツ
2秒 往来の激しい街かど
5秒~10秒 雲や屋外風景の長時間撮影
10秒~60秒 工事や芸術作品の製作など、長時間を要する動き

タイムラプスビデオの録画時間

タイムラプスビデオの録画時間は、間隔と撮影時間からビデオの長さ(録画時間)が決まります。

間隔 撮影時間 ビデオの長さ
0.5秒  5分 20秒
1秒  5分 10秒
2秒 10分 10秒
5秒 1時間 20秒
10秒 1時間 10秒
30秒 5時間 20秒
60秒 5時間 10秒

例えば、0.5秒間隔で 5分間録画すると、20秒のタイムラプスビデオが作成されます。15分間録画すると、1分間のビデオが作成されます。

ナイトラプスフォトの間隔

ナイトラプスフォトモードで撮影する頻度を選択します。ナイトラプスの間隔は、自動、4秒、5秒、10秒、15秒、20秒、30秒、1分、2分、5分、30分、60 分です。

間隔 例(参考)
自動 すべての露出に最適 (シャッターの設定に応じて、できるだけ素早くシャッターを切ります)
4~5秒 夕刻の街の風景、街の照明、動きのある場面
10~15秒 明るい月夜の雲の動きなど、ゆったりとシーンが移り変わる薄暗い環境での撮影
20~30秒 最小限の環境光量や街灯の下で見上げる星空のように、極めて低光量または極めて動きの少ないシーンの撮影

「自動」 (初期設定) を選択すると、シャッター設定の間隔と同期されます。シャッター速度が 10 秒に設定されていて、間隔が自動の場合は、カメラは 10 秒ごとに写真を撮影します。

GoProの4つのタイムラプス撮影モード

TIMEWARP ビデオ HERO7 Black は、撮影者が動いている場合でも、安定感抜群のタイム ラプス ビデオを素早く撮影できます。マウンテンバイクの走行中やハイキングなどに最適です。初期設定では 1440 p のアスペクト比 4:3 の広角視野角ビデオを 10 倍速で撮影します。 タイムラプスビデオ タイムラプスビデオは、長時間のイベントを共有可能な短いビデオにしてくれます。夕日や街中の撮影など、カメラを静止して撮影する場合に最適です。初期設定では 1440p のアスペクト比 4:3 の広角視野角ビデオを0.5秒間隔で撮影します。 タイムラプスフォト タイムラプスフォトなら、撮影はカメラに任せてアクティビティに集中できます。連続した写真を撮影しておき、後で最もよいショットを探し出すことができます。初期設定では、0.5 秒間隔の広角視野角で撮影します。 ナイトラプスフォト ナイト ラプス フォトでは、暗い環境で連続した写真を撮影することができます。より多くの光量を得るために、シャッターの開放時間は長くなります。初期設定のシャッター速度と間隔は「自動」に、視野角は「広角」に設定されています。

タイムワープビデオは、まぁ単なる早送り映像なんですが、撮影しようとするとやはりGoPro HERO7 BlackのHyperSmoothがなければこんな滑らかな映像は撮れないと思います。

HyperSmooth ビデオ安定化機能 ジンバル並みの安定化機能が利用できます。HERO7 Black があなたの動きを予測し、カメラのブレを補正することで、驚くほど滑らかな映像を撮影できます。

撮影した動画の編集は、Goproの公式サイトからダウンロードできるQuickで行いました。

Quikデスクトップ

このQuickですが、スマートフォンよりパソコンほ方が見やすく操作しやすかったのですが、どうも操作方法がよく分かりません。 GoPro HERO7 BlackとQuickの機能は少しづつ勉強していこうと思います。

おまけ GoPro HERO7 アクセサリー

海でGoPro HERO7 Blackを使う場合、無くしたり、海に落としたりしないように、ストラップを付けようと思ったのですが、GoPro HERO7 Black本体にはストラップを付けられるような穴がありません。 そこで純正のシリコンケースに紐がついたものがあったので購入しました。 GoPro HERO7 Black GoPro HERO7 Blackでなくても、GoPro HEROシリーズなら合うようです。色は黒、青、白の3色から選べます。GoProは小さいので、どこかに置いても目立つように白にしました。


国内正規品】GoPro(ゴープロ) スリーブ + ランヤード

GoPro HERO7 Blackに付けてみるとピッタリしていて、ケースから外れることはないと思います。このケースを取り付けると全面のウインドが見えなくなりますが、あんまり問題ありませんね。

首からぶら下げておくと、落としてなくすこともなさそうですし、すぐに撮影もできるので買って良かったですよ。

【c】GoPro