河内のおじさんブログ

還暦オーバーでも好きな時に好きな事して自由気ままなライフスタイル実践中!

宮古島へウインドサーフィンの旅5泊6日(2018年2月)

2018年に入って初めての宮古島です。関空からANAを利用して2018年2月16日(金)から2月21日(水)まで5泊6日のウインドサーフィンを楽しんできました。

関空からは娘と二人で出発しました。娘は宮古島の友達と一緒に過ごし2月18日に帰り、おじさんはそのまま2月16日までウインドサーフィンです。

宮古島

参考宮古島へ関空からANAで5泊6日(2017年12月)

宮古島への旅行日程・費用内訳

航空券

ANAの航空券はこの時期、旅割や特割などを使えば、かなり安く買えます。割引が使えない場合、ピーチやジェットスターなどのLCCを利用して那覇空港経由の宮古島だと安く買えることがあります。

しかし那覇空港経由の場合、直行便と違って時間的に不便なこともあります。まぁ今回は直行便なので最短時間で移動できました。

2018年2月16日 大阪(関西)発 ― 宮古着 全日空 ANA1749(10時30分 ― 13時15分) 券種:旅割55N(普通席) 運賃額:12,800円

2018年2月21日 宮古発 ― 大阪(関西)着 全日空 ANA1750(12時50分 ― 14時50分) 券種:旅割55N(普通席) 運賃額:12,800円

往復運賃額:25,600円(片道運賃:12,800円)

宿泊

昨年12月の宮古島と同じく、宿泊は「ウィークリー広公路」を利用しました。オフシーズンの時期は1泊3,800円と格安です。

参考宮古島で格安に宿泊するならウイークリーマンションがオススメ

ウイークリーマンション「ウィークリー広公路」 沖縄県宮古島市平良字西里817 宿泊料(5泊6日):19,000円(1泊:3,800円)

レンタカー

レンタカーも前回と同じようにアクアレンタカーでレンタルしました。前回は軽ミニバンでしたが今回はウインドサーフィンの道具が積みやすい軽トラックにしました。

参考宮古島でレンタカーを借りるなら軽バンや軽トラが超お得

レンタカー会社:アクアレンタカー 商品名:軽トラ限定プラン!! 免責補償込安心プラン♪ 特別価格!カード決済大歓迎! クラス名:軽トラック(宮古・オフィシャル) 利用料金合計:13,800円(税込)

ウインドサーフィン道具の輸送

ヤマト運輸や佐川急便などの宅配便は、ウインドサーフィンなどの大きな荷物は送ってくれません。しかし西濃運輸は3メートル以内であれば送ってくれるようです。

宮古島には西濃運輸の営業所はありませんが、西濃運輸取扱店があるので、受け渡しはそこで行いました。しかもかなり割安で送れました。

大阪から宮古島へ道具一式が7,004円で送れます。

宮古島

ボード1本、セイル2枚、マスト、ブーム、ジョイント、ウエットスーツなどの運送 大阪-宮古島 西濃運輸(松原) 7,004円 宮古島-大阪 西濃運輸(松原) 6,500円

往復合計:13,500円

今回の宮古島旅行の総費用

飛行機代(往復):25,600円 宿泊費(5泊6日):19,000円 レンタカー代(6日):13,800円 道具輸送費:13,500円

総合計:71,100円

これにプラスして、5泊6日の食事代とガソリン代などを含めると、全部で10万円ほどでした。