河内のおじさんブログ

還暦オーバーでも好きな時に好きな事して自由気ままなライフスタイル実践中!

イオンシネマ、TOHOシネマズ、109シネマズが全部500円

イオンシネマ、TOHOシネマズ、109シネマズが全部500円

イオンシネマ、TOHOシネマズ、109シネマズで映画を観てきました。

劇場公開したばかりの『天気の子』、『アルキメデスの大戦』、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』を2日間で観てきました。

TOHOシネマズの割引チケット

109シネマズの割引チケット

イオンシネマの割引チケット

映画チケットの額面は、1,500円とか1,300円とか書いてますが、全部500円で買いました。3つ合計で1,500円でした。

イオンシネマ、TOHOシネマズなど映画料金が500円になる裏技」を参考にしました。

映画館の割引チケットをさらに激安で買う

映画チケット(映画鑑賞券)って高いですね。イオンシネマで大人なら1,800円、TOHOシネマズなら1,900円ですよ。

Huluなんか一ヶ月映画やドラマが見放題で1,000円ちょっとなので、そう考えると映画一本分の値段が映画館で観るとバカ高いのが分かります。

しかし映画館の大きなスクリーンで観る迫力は、テレビやスマートフォンの動画で観る映画とは比較にならないほどの魅力がありますね。

そもそも封切り後の映画は動画配信サービスで配信していないし、DVD/ブルーレイも販売もレンタルもしていないので、公開直後の映画を観るなら映画館しかありません。

そうなると映画チケットをできるだけ安く買いたいと思いますね。

そこで一番簡単な割引は映画館のサービスデーを利用することですね。

毎月●日は1,800円が1,300円とか、●才以上のシニアは500円割引とか、日時、曜日、年齢、性別などの条件に合えば映画チケット料金が割引価格で購入できるというものです。

その他に特定のクレジットカードを持っているとか、会員制割引優待サービスの特典などでも割引価格で購入できたりします。

その中でも、おじさんは、割引された映画チケットをさらに激安料金で買いました。

イオンシネマの映画チケット(一般)は通常だと1,800円です。

これを割引した1,500円のデジタルクーポンをさらに激安の500円で買いました。 TOHOシネマズも109シネマズも500円で買いました。

特別販売&高確率の抽選販売とは

映画チケットを500円で買う方法は、dエンジョイパスという会員制割引優待サービスの特別販売&抽選販売を使ったからです。

dエンジョイパスの映画チケットの特別販売&抽選販売とは、dエンジョイパスの会員向けの激安販売です。

抽選販売とは、抽選で当たれば500円で買えます。 特別販売とは数量限定の先着順で500円で買えます。

まぁこれがゆるゆるです。

抽選販売は、毎週木曜日にスタートして限定数になるまで当たりがでれば500円で買えるのですが、当選数が1,400枚とか多くて、しかも毎週抽選しているので、一ヶ月に一回は当たるような感じです。

おじさんは毎月一回当たってるので、毎月一回は500円で映画を観ています。

特別販売は、限定数の先着順なので、販売開始日に申し込めば、まず買えるような感じです。しかも限定数が1,200枚ほどだったと思います。

おじさんは一回だけ申し込みましたが、すぐに買えました。こんなん誰でも発売日に買えそうです。

抽選販売も特別販売も数量が多くて抽選のチャンスも多いので、抽選開始日&販売開始日に申し込めば、ほぼ確実に500円で買えますよ。知らんけど。

会員制割引優待サービスは、有料ですが会費以上にメリットがあるので、いろんな特典をうまく使いこなせば、めちゃめちゃお得なサービスだと思いますね。

www.ms1638.com