河内のおじさんブログ

還暦オーバーでも好きな時に好きな事して自由気ままなライフスタイル実践中!

投資信託にまとめるのでロボアド解約してみたら面倒

2017年の初めごろからやりだしたロボアド(ロボットアドバイザー)ですが、投資信託と比べて、手数料も高く、あんまりロボットにやってもらってるメリットも感じないし、SBI証券でやってる投資信託にまとめた方がいいんじゃないかと思って、全額出金することにしました。

www.ms1638.com

ロボアドは、WealthNaviとTHEOの二つをそれぞれ毎月5万円づつ積立ていました。

どちらも全額出金して、投資信託へ移すつもりで手続きしたわけですが、この2つのサービスの解約手続きに大きな違いがありましたね。

まぁ商売としてどうなん?という思うほど、まったく正反対な印象を受けました。

まぁ個人のおじさんの感想ですけど。

その前に成績ですが、ちょーど1年前の2018年9月に一旦ゼロから積み立てた結果です。(THEOは0からではなく、約10万円からのスタート)

WealthNaviは、60万円(5万円×12か月)積み立てて、18,271円の利益(+3.05%)でした。

wealthnavi

THEOは、26,427円の利益でした。画面上の利益率が+1.89%となってるのですが、何に対しての率なのか分かりません。調べる気もないので、まぁいいですけど。

THEO解約

Wealthnaviは手続きしやすく処理も早い

Wealthnaviは、全額出金可能。9/10に残高0円

wealthnavi解約

wealthnavi解約表

自動積立の設定解除をすれば、これでWealthnaviの口座はそのままです。また積立を開始したければ、積立設定すればもう一度始められる状態です。

wealthnavi積立解約

THEOは全額出金できないし、処理も遅い

THEOの方も、全額出金しようとすると出来ませんでした。なんと口座に10万円以上残しておく必要があって、しかも1万円単位でしか出金できません。

全額出金するなら口座解約しかありません。

出金可能な金額は、出金後の預かり資産が10万円を下回らない範囲で1万円単位となります。 (売却時の価格変動により、実際に振り込まれる金額が出金希望額に満たない場合があります。 ) 出金後の預かり資産が10万円を下回る金額での出金をご希望の場合は、口座解約による全額出金となります。 THEOから引用

しかたがないので全額出金しました。再度口座を開設したくなっても年末まで口座開設できないようです。しかも年内に口座解約するなら11月末までに申請しないといけないとのことです。

口座の再開設について 口座解約後その年の12月31日まで、THEOおよびTHEO+ の口座を再度開設することはできません。年内の口座解約をご希望の場合には、11月末までに口座解約の申請をお願いいたします 口座解約はキャンセルできません。THEOから引用

WealthNaviは入金も早かったです。9月10日に全額出金処理したら9月13日には銀行に振り込まれてました。

THEOも9月10日に全額出金(解約)したのに、9月17日になっても振り込まれてません。処理は牛がやってるのかと思うほど遅い。

WealthNaviとTHEO、同じようなロボアドのサービスですが、WealthNaviは、対応に柔軟性があって、処理も早く、口座も残しておけます。

どちらもWEB上でもやり取りで完結するサービスですが、お店の店員に例えるなら、WealthNaviならもう一度機会があれば利用したいですし、知人にどちらがいいと聞かれたら、迷わずオススメするのがWealthNaviですね。

解約や退会処理の面倒なサービス

色々なサービスのほとんどは入口はハードルが低いですが、いざ出口に向かおうとすると、色んなハードルを並べて、なかなか退出させてくれません。

クレジットカードなんかはいい例ですよね。申し込みはWEBだけで簡単に登録できるのに、解約するには電話しないと解約できません。

その解約方法や解約窓口の電話もサイトのどこに書いてあるか探さないと分からないようになってます。

しかも解約の電話をすると、「これについては何番を押してください」とか何回も番号を押させて、やっとたどり着いたと思ったら、「ただ今混みあってますので、時間をおいてかけ直してください」とかいって中々つながらない。

そんな面倒くさいサービスばかりの中で、例え解約や退会でも、顧客に対する対応がいいサービスなら、人に紹介しやすいし、機会があればもう一度利用したいと思いますね。

「終わりよければ全て良し」