河内のおじさんブログ

還暦オーバーでも好きな時に好きな事して自由気ままなライフスタイル実践中!

セラミックの差し歯の入れ替え、料金高い!

今回セラミックの差し歯にしたため保険適用外なので料金がメチャメチャ高くついた!新しく差し歯にするなら少し白くてきれいな歯にしようと思ったので、ホワイトニングもして、総額50万円オーバー!

差し歯

いつからか1年以上前なのか、朝おきて顔を洗うときに鼻の下あたりがどうも痛むなぁと思っていて、まぁ顔を洗う時以外は特に痛みは感じなかったので、ほったらかしにしていたんです。

たまたま仕事場の近くで、腕も確かで話しやすい歯医者さんがいると聞いて行ってみたわけです。レントゲンを撮ってもらうと鼻の下あたり(上の歯茎)の中に埋没している歯があって、それと差し歯の根元がくっ付いているのが分かったんです。

その差し歯の根元にばい菌みたいのが入って、化膿していて、顔を洗うときなどに、埋没している歯のあたりを触ると痛みを感じていたようです。そんな訳で差し歯の根元の化膿の治療と差し歯を取り付ける根元の再建を行わなくてはなり、差し歯を作り直しすることになりました。

セラミックの差し歯に

どうせなら金属を使わないセラミックにしようということで、虫歯でかなり歯を削らないといけない部分も合わせて合計4本分の差し歯を入れることになったんです。

差し歯を入れるといっても、その前に虫歯治療や化膿したところの治療が完治しないと差し歯を入れることができないので、治療中は仮の差し歯(仮歯)を作って、入れておきます。

歯医者さんに行って治療開始前に、仮歯を取って、化膿しているところの洗浄と殺菌を行い、また仮歯を入れて、一週間後にまた洗浄と殺菌を行うということを、まったく膿がでなくてって完治するまで繰り返します。

それでようやくセラミックの差し歯を作って入れるわけです。

ホームホワイトニングなら寝てる間にできる

その間にどうせなら歯をきれいにして、きれいな歯と同じ色合いの差し歯にしようということで、ホワイトニングを行いました。ホワイトニングには歯医者さんで行ってもらう方法とホームホワイトニングといって、自分でホワイトニングする方法があります。

自分の好みの白さにできるのと、自宅で自分の好きな時にできるので、ホームホワイトニングにすることにしました。

ホームホワイトニングは、上下に歯の歯型をとって、シリコン製の歯型を作ります。その歯形の中にホワイトニングの薬を入れて歯に付けておくわけです。

2時間ほどは歯型を歯につけたままですが、飲食ができないだけでテレビを見たり、お風呂に入ったりできるので、特別めんどうなことはありません。慣れれば歯型を付けたまま朝まで付けたまま眠ってもいいので、夜寝るときにつけてするようにしました。

ホワイトニングすれば通常1年ほどもつみたいですが、コーヒーや赤ワインなどをよく飲む人や歯に着色する食べ物を食べる機会が多いなど、人によってホワイトニングの効果の薄れが早いようです。

ホームホワイトニングだと、ホワイトニング用の薬だけを購入することができます。ホワイトニングしてから時間が経ち、歯をもう少し白くしたと思った場合には薬だけを購入するだけで簡単にホワイトニングができるので便利ですよ。

セラミック差し歯とホワイトニングの費用

そんなわけでホワイトニングも完了して、ようやく差し歯を作り入れたわけです。セラミックにも何種類かあって値段も違います。おじさんの入れた差し歯は、一本11万円しました。4本なので合計44万円でした。高い!

ホームホワイトニングは、ホワイトニング用のシリコン製歯型と2週間分の薬で2万円でした。

虫歯や化膿したところの治療費なども入れて総額50万円以上と、治療期間約4ヶ月もかかってようやく完了と思ったのですが、差し歯も金属からセラミックに替えたことですし、虫歯治療で歯に埋めた金属もこの際なので、セラミックに替えようということになりました。

この金属を埋めた箇所も10箇所くらいあるので、この費用もかなりかかりそうです。