河内のおじさんブログ

還暦オーバーでも好きな時に好きな事して自由気ままなライフスタイル実践中!

税金がクレジットカードで支払いできるようになって便利でお得なこと

今年から(平成29年1月4日)から、国税がクレジットカードで納付できるようになったので便利になりましたね。

これで今まで郵便局やコンビニまでいって支払っていた所得税、法人税、消費税などの税金が、パソコンを使ってクレジット払いできるようになったので、楽チンです。しかもポイントまで付くようになったのでちょっとお得に!

でもクレジット決済の場合、決済手数料があんがい高いので、付加されるポイントと比べてみないと、お得かどうか分かりませんよ。

税金をクレジットで支払った場合は納付税額に応じた決済手数料がかかります。最初の1万円までは82円(税込)、以後1万円を超えるごとに82円(税込)が加算されるので、ちょっと高いですね。

しかも税金を払う時の決済手数料にまで消費税がかかるのが、なんか往復ビンタされてるようでどうもイヤな感じです。

実際の決済手数料がいくらかかるかは、「国税クレジットカードお支払サイト」で確認できます。納税額を入れれば必要な決済手数料が表示されます。

税金クレジット支払い

例えば、納税額が10万円の場合、決済手数料は820円です。1%ポイント還元(1ポイント=1円)のクレジットカードで支払えば、10万円×1%で1,000円なので、1,000円-820円で、180円お得です。

これが0.5%しかポイントが付かないクレジットカードだと、500円-820円で、-320円となって損しますね。まぁおじさんは1%還元のクレジットカードで支払うので、損はしないですね。

税金のクレジットカード払いでのメリット・デメリット

クレジット払いのメリット

  • ネットで納税ができるので、支払いに行く必要もなく24時間納付が可能
  • クレジットカードの引き落し日まで、支払日を延長でき分割も可能 ※分割の場合は、カード会社への金利手数料が発生する

クレジット払いのデメリット

  • 決済手数料がかかる(1万円以下は82円(税込)以後1万円ごとに82円(税込)

尚、クレジットカードで納税できる国税の詳細は、国税クレジットカードお支払サイトで確認してください。

これで税金の支払いでもポイントたくさん貯められて得した気分で納税ができそうやね。